Jetpack by WordPress.comの設定と使い方!エラー(アクセス制限)も解決!

公開日: : プラグイン

 

『Jetpack by WordPress.com』はWordPressのプラグインで、30種類以上の機能が一つに詰まってるいわゆる『Pack(パック)』です。

 

WordPressのプラグインでも有名なもので、簡単にJetpackと略して呼ばれます。

 

 

機能の一例としては『Wordpress.com 統計情報』というアクセス解析をはじめ、『関連記事』を表示させたり、『Google+プロフィール』でGoogle+と連携したり、『パブリサイズ共有』で投稿記事がFacebook、Twitter、Google+にも自動投稿されるなどなど・・・・便利な機能が様々のプラグインです。

 

 

しかし、それらの機能はすでにテーマに備わっているものや他の『それ専用のプラグイン』など代用できるものが多いので、本サイトでは『Jetpack by WordPress.com』=『アクセス解析』の機能だけ使用する前提で話を進めていきます。

 

 

便利だからと言ってインストール後に全部の機能の有効化してしまうと自分の使用しているテーマやすでに入れているプラグインと競合してうまく機能しなくなったりも考えられますので注意が必要です。

 

 

ちなみにJetpackのアクセス解析なんですが、グーグルアナリティクスのアクセス解析もすでに導入されてるかもしれませんが、「記事ごとのPV(ページビュー)数」「どんなキーワードでサイトにきてる人が多いか?」「動画や紹介リンクがどれくらい踏まれてるか?」などがWordPressの管理画面からワンクリックで見れる便利なプラグインなので導入しておいた方が良いです。

 

 

私は普段はこのJetpackのアクセス解析を見て、たまにがっつりサイトについて分析したい時はグーグルアナリティクスを使うというスタンスで、それが非常に効率的だと思います。

 

 

それではいつも通りWordPressの管理画面からプラグイン新規追加で『Jetpack by WordPress.com』を検索して、『インストール』→『有効化』まで済ませてから次の手順に進みましょう!

 

 

Jetpack by WordPress.comの設定と使い方!エラー(アクセス制限)も解決!

 

① 有効化まで済ませるとプラグイン一覧の一番上に下の画像のように「Jetpackがもうすぐご利用いただけます」と出ますので、右側の「WordPressと連携」をクリックしましょう。

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像1

 

 

 

 

② すると下のように「Jetpackを利用するには、サイトが公開されていて、アクセス制限がかかっていない必要があります」というエラーに関する説明文が表示されるはずです。私が初めてWordPressを使い始めた頃はこんなエラーはなかったんですが、今現在エックスサーバーでは「XML-RPC API アクセス制限」と言う機能が備わっています。簡単にいえば、そのアクセス制限機能が原因となりプラグイン『Jetpack』とWordPressの連携を警戒するようになったんですね。なのでこのアクセス制限を一時的にエックスサーバーのサイトから解除してあげる必要があります。

 

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像2

 

 

 

 

③ エックスサーバーのサーバーパネルにログインしましょう。

 

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像3

 

 

④ ログイン後に画面下に「WordPressセキュリティ設定」という項目があるので選択して下さい。

 

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像4

 

 

 

⑤ ご自身がエックスサーバーに所有しているサイトのドメイン一覧が表示されるので、今回Jetpackを導入するサイトのドメインを選択します。

 

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像5

 

 

 

 

⑥ すると「WordPressセキュリティ設定」の画面に移るので、「XML-RPC API アクセス制限」と言う項目の「変更」を「OFFにする」を選択します。

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像6

 

 

 

 

⑦ 下のような画面が表示されれば、エックスサーバーがJetpackとWordPressとの連携を受け入れられる状況になります。

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像7

 

 

 

 

⑧ WordPressの管理画面に戻って「Jetpack」を選択すれば下の画面が表示されるので、もう一回「WordPressと連携」をクリックします。

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像8

 

 

 

 

⑨ この画面が表示されれば、アクセス制限によるエラーは解除されたということなので、そのまま『Jetpackの認証』を選択して下さい。

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像9

 

 

 

 

⑩ 以前プラグイン『Akismet』の導入の際に登録してあるはずの『WordPress.com』のユーザー名とパスワードをここで入力しましょう。もし忘れてしまっていたら右側の「アカウントが必要ですか?」を選択してアカウントを改めて作成しなおして認証を済ませて下さい。

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像10

 

 

 

 

⑪ 下の画面が表示されればJetpackの導入は完了です。

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像11

 

 

 

 

⑫ デフォルトで勝手に有効化になっているものをたくさんあるので、本サイトではアクセス解析のみの使用を目的としての設定なので、画面下にスクロールし、『他27個のJetpack機能を見る』をクリックして機能一覧を表示します。

 

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像12

 

 

 

 

 

⑬ 機能一覧が表示されたら、の『すべて』を選択して、にチェックを入れて全ての機能にチェックがつくことを確認します。その後の『停止』を選択したら④の『適用』を押して下さい。

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像13

 

 

⑭ これでプラグイン『Jetpack』のすべての機能一旦停止になったので、必要な『WordPress.com 統計』の機能だけ右側の『有効化』を押しましょう。これで設定は全て完了しました!

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像14

 

 

 

 

⑮ 最後にエックスサーバーの先ほどの画面に戻って、OFFにしていたアクセス制限をONに戻しておきましょう。

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像15

 

 

 

⑯ 特別難しいことはないので、自分で色々クリックしながらどういう情報が見れるのか調べて欲しいんですが、簡単に使い方について説明したいと思います。WordPressの管理画面の『Jetpack』→『サイト統計情報』でサイトのアクセスを見るグラフで見ることができます。グラフ左上の『Days』『Weeks』『Months』を選択することで集計される期間を変えられます。

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像14

 

 

 

 

 

 

⑰ 画面を下にスクロールすると、

 

『Referners(リファラ)』

→ 何を経由して自分のサイトにきてるか?(TwitterやFacebookから流入があった場合も表示されます)

 

『Search Engine Terms(検索キーワード)』

→ なんていう検索キーワードから自分のサイトに辿り着いたか?

 

『Top Posts&Pages(人気の投稿とページ)』

→ 投稿ページごとにどれくらい見られているか?

 

これらの情報が観られます。訪問者がどんなことが気になって自分のサイトに来たのかを知ることは、今後のサイト作りに役立つ情報になります。

Jetpackの導入方法と設定の手順の画像15

 

 

以上でプラグインJetpack by WordPress.comの機能『アクセス解析』の設定と使い方は終わりになります。

 

関連記事

AllinOneSEOpack2

All In One SEO Packのインストールから効果的な設定方法まで!

今回はWordPressで作ったサイトやブログのSEO効果を高める重要なプラグイン「All In O

記事を読む

plugin

WordPressでプラグインをインストールする一番簡単な方法!

WordPressの拡張機能であるプラグインのインストール方法について説明します。  

記事を読む

不具合

Google XML Sitemapsの設定方法!表示されない時や4.0.8で不具合もある?

今回はWordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定方法を紹介します

記事を読む

TinyMCE Advanced

wordpressでフォントの大きさを変更するプラグイン【TinyMCE Advanced】

無料ブログを使ってたことのある人にとって、初めてWordpressで記事作成するときに感じること

記事を読む

48ec0f0319c1e167995b8da5542e1d1f_s

All in One SEOは「意味なし、いらない」の声も?

Wordpressの定番プラグイン「All in One SEO pack」ですが、使用者の中で、徐

記事を読む

Google Xml Sitemaps

Google Xml Sitemapsでウェブマスターツールにサイトマップを登録する!

前回の記事でWordPressのプラグイン「Google Xml Sitemaps」を使用して自分サ

記事を読む

broken link checker

Broken Link Checkerの設定方法!リンクエラーやリダイレクトが一目瞭然

  今回紹介するプラグイン『Broken Link Checker』は他のサイトのU

記事を読む

My Category Order

My Category Orderの使い方!反映されない、カテゴリーが変わらない場合は?

WordPressでサイトを作る際に記事をカテゴリー別に分けると思いますが、デフォルトではカテゴリー

記事を読む

akismet

Akismetの設定と使い方!無料だが有料は必要?APIキー忘れたら!

  AkismetとはWordPressをインストールすればデフォルトですでにインス

記事を読む

plugin

プラグインのバージョンダウンの方法!不具合も解決する?

プラグインは基本的に最新のものを使うべきです。   しかし、新しいバージョンに

記事を読む

no image
仮想通貨取引所、販売所のおすすめ

coincheck(コインチェック)   Z

48ec0f0319c1e167995b8da5542e1d1f_s
All in One SEOは「意味なし、いらない」の声も?

Wordpressの定番プラグイン「All in One SEO pa

TinyMCE Advanced
wordpressでフォントの大きさを変更するプラグイン【TinyMCE Advanced】

無料ブログを使ってたことのある人にとって、初めてWordpressで記

エックスサーバー
エックスサーバーでWordPressを簡単自動インストールする手順

さぁいよいよWordpress使用開始の準備も最後になりました、『Wo

2エックスサーバー
エックスサーバーで独自ドメイン取得【設定から料金支払いまで】

初心者がWordpressを始める上で必要な3つの手続きの内、1つ目を

→もっと見る

PAGE TOP ↑