Broken Link Checkerの設定方法!リンクエラーやリダイレクトが一目瞭然

公開日: : 最終更新日:2017/05/02 プラグイン

 

今回紹介するプラグイン『Broken Link Checker』は他のサイトのURLなどをサイトに貼り付けていた場合に、そのリンク先が無効化やリンクエラーになった時に、「リンク切れ」を知らせてくれる便利なプラグイン。

 

リンク切れのまま放置しておくとSEO的にも良くないですが、自分で定期的にリンク切れをチェックするのは面倒くさすぎるので、必ず入れておきましょう。

 

Broken Link Checker はリダイレクトについても自動で検出してくれるので、そちらの調べ方と「リダイレクトとはなにか?」についても後半で説明します。

 

それでは早速Broken Link Checker の設定方法を紹介します!

 

いつも通りWordPressの管理画面からプラグイン検索でBroken Link Checkerを検索してインストール。有効化まで済ませた上で次に進んで下さい。

 

 

Broken Link Checkerの設定方法!リンクエラーやリダイレクトが一目瞭然

 

① Broken Link checkerも設定できる部分があるので、有効化した後に目を通しておきましょう。インストール済みのプラグイン一覧からBroken Link checkerを探して、下にある「設定」を押します。

Broken Link Checker の導入方法と使い方の画像1

 

 

 

 

 

② こういった画面が出てきて細かい設定を決めることができるということを把握しておきましょう。基本的にデフォルトでOKなので、そのままいじらずに次にいきます。

Broken Link Checker の導入方法と使い方の画像2

 

 

 

 

③ 実際に自分が記事に貼り付けた外部リンクがリンク切れになってるか調べたい時はWordPressの管理画面の「ツール」の中に「リンクエラーをチェック」というのがあるので、それをクリック!・・・しなくても基本的にリンクエラーがあれば下の画像のようにリンク切れの数が赤く表示されます。画像では1つのリンク切れがあるということですね。内容を確認するために「リンクエラーをチェック」をクリックします。

Broken Link Checker の導入方法と使い方の画像3

 

 

 

 

④ すると下の画像のようにリンク切れの「URL」「ステータス」「 リンクテキスト」「ソース」が表示されます。もしかしたら下の画像の一番上の『リンクエラーをチェック』と表示されていないかもしれないので、その場合はその下の項目からリンクエラーを選択して下さい(注1

対応としては基本的に「ソース」は記事のタイトル、「リンクテキスト」はリンクを貼った文字が書いてありますからその二つを見れば「ああ、あれか」と自分でわかるはずなので、記事編集でリンクを外すか、別のURLを貼るかしましょう。

注1:下の画像の上から2行目右から2番めに『リダイレクト』とありますが、選択するとリダイレクトのURLも一括で表示されます。リダイレクトとはURLのサイトページ先が元々設定していたURLから移転した場合や、ページ統合などによってURLが変わった場合に自動で正しいページに移動されることです。こちらに関してもリンク先がおかしくないか?確認しておいたほうが良いでしょう。

Broken Link Checker の導入方法と使い方の画像4

「ステータス」の部分ははリンク先の状態を示しています。ちなみに画像の「403 Forbidden」は「インターネット上に存在してるURLだけど見せられません」というケースです。どっちしてもどうしてもそのリンクを貼らないといけないわけではないので、削除することで対処しました。

 

 

 

 

とりあえずリンクエラーに関しては面倒くさがらずにしっかり対処しておかないと、グーグルからサイト評価が落ちてSEOとしても悪いので、気をつけましょうね!

 

関連記事

master post advert

Master Post Advertの設定方法!エラーや表示されない場合は?

今回はオススメのプラグイン「Master Post Advert」の設定方法と使い方を説明します。

記事を読む

My Category Order

My Category Orderの使い方!反映されない、カテゴリーが変わらない場合は?

WordPressでサイトを作る際に記事をカテゴリー別に分けると思いますが、デフォルトではカテゴリー

記事を読む

Google Xml Sitemaps

Google Xml Sitemapsでウェブマスターツールにサイトマップを登録する!

前回の記事でWordPressのプラグイン「Google Xml Sitemaps」を使用して自分サ

記事を読む

jetpack

Jetpack by WordPress.comの設定と使い方!エラー(アクセス制限)も解決!

  『Jetpack by WordPress.com』はWordPressのプラグ

記事を読む

WordPressPopularPosts

「WordPress Popular Posts」の設定方法と使い方!「WordPress Ping Optimizer」も!

今回は簡単なので2つまとめてプラグインの設定方法と使い方紹介します!   まず

記事を読む

TinyMCE Advanced

wordpressでフォントの大きさを変更するプラグイン【TinyMCE Advanced】

無料ブログを使ってたことのある人にとって、初めてWordpressで記事作成するときに感じること

記事を読む

Contact Form 7の使い方!WordPressでお問い合わせ設置

  訪問者がサイト管理人に連絡を取る手段として「お問い合わせ」は必須です。 &

記事を読む

plugin

WordPressでプラグインをインストールする一番簡単な方法!

WordPressの拡張機能であるプラグインのインストール方法について説明します。  

記事を読む

plugin

プラグインのバージョンダウンの方法!不具合も解決する?

プラグインは基本的に最新のものを使うべきです。   しかし、新しいバージョンに

記事を読む

不具合

Google XML Sitemapsの設定方法!表示されない時や4.0.8で不具合もある?

今回はWordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定方法を紹介します

記事を読む

no image
仮想通貨取引所、販売所のおすすめ

coincheck(コインチェック)   Z

48ec0f0319c1e167995b8da5542e1d1f_s
All in One SEOは「意味なし、いらない」の声も?

Wordpressの定番プラグイン「All in One SEO pa

TinyMCE Advanced
wordpressでフォントの大きさを変更するプラグイン【TinyMCE Advanced】

無料ブログを使ってたことのある人にとって、初めてWordpressで記

エックスサーバー
エックスサーバーでWordPressを簡単自動インストールする手順

さぁいよいよWordpress使用開始の準備も最後になりました、『Wo

2エックスサーバー
エックスサーバーで独自ドメイン取得【設定から料金支払いまで】

初心者がWordpressを始める上で必要な3つの手続きの内、1つ目を

→もっと見る

PAGE TOP ↑