Akismetの設定と使い方!無料だが有料は必要?APIキー忘れたら!

公開日: : 最終更新日:2017/05/02 プラグイン

 

AkismetとはWordPressをインストールすればデフォルトですでにインストールしてあるプラグインの1つです。

 

例えばテーマ「Stinger5」などを使用して、ブログ形式などでコメント機能を使用する場合は必要なプラグインと言えます。逆にテーマ『Bizvektor』などでお店のホームページを制作したが「コメントは一切受け付けない」というサイト形式の場合はAkismetは必要ないかもしれませんね。

 

自分でサイトを運営し始め、コメント機能を使用すると必ずといっていい程大量のスパムコメント(宣伝のために送られてくる無差別メッセージ)が送られてきます。

 

スパムコメントをそのまま放置するのはSEO的には非常によろしくないので、サイト運営者は何らか対策をする必要があります。

 

かといってその大量のスパムコメントを1つ1つ自分で処理するのは時間の無駄です。

 

そこでこのWordPressのプラグイン『Akismet』を設定して有効化しておくことで、自動的にスパムコメントを判断してスパムフォルダに移動してくれます。スパムフォルダに溜まったスパムコメントは自分で消しても良いですし、時間が経つと自動で削除されます。

 

それではスパムコメント対策のプラグイン『Akismet』の設定方法と使い方を紹介します。また『Akismet』の使用に必要な『APIキー』を忘れたという場合についても触れていきたいと思います。(忘れた方は画面下の方へスクロール)

 

 

Akismetの設定と使い方!無料だが有料は必要?

 

① まず、WordPress管理画面から「プラグイン」→「インストール済みのプラグイン」を選びプラグイン一覧の画面を表示。Akismetを探して「有効化」をクリックして下さい。Akismetはデフォルトでインストールされているはずですが、もしない場合は通常のプラグインのインストールと同じようにインストールしてからにしましょう。

Akismetの導入方法と使い方の画像1

 

 

 

 

② 次に下のように画面になるので「Akismetアカウントを有効化」を選択してください。その下に「プラグインを有効化しました」と出てますが、これだけではまだ機能しません。

Akismetの導入方法と使い方の画像2

 

 

 

 

③ 次のような画面が出てくるので、「APIキーを取得」を選んで下さい。下に「手動でAPIキーを入力」とありますが、バージョンによってはAPIキーを取得した後にコピーしてココに貼り付けることになります。

Akismetの導入方法と使い方の画像3-1

 

 

 

 

④ Akimetのサイトに移動しますので、「GET AN AKISMET API KEY」をクリック。

Akismetの導入方法と使い方の画像4

 

 

 

 

⑤ 以下のような画面が表示されるので、赤枠内にメールアドレスとユーザー名、パスワードを入力して下さい。パスワードは複雑に設定しておきましょう。すでに「WordPress.com」のアカウントを持っている方は点線で囲まれた「I already have a ・・・」をクリックして既存のアカウントを入力しても結構です。しかし、ここでいう「WordPress.com」のアカウントというのは「WordPress」の管理画面に入るためのユーザー名やパスワードとは違います。他に『Jetpack by WordPress.com 』などのプラグインをすでに入れていて「WordPress.com」のアカウントを取得していない限りはもっていないはずですので、新たに作成しておきましょう。入力が終わったら右下の「Sign up」を押して下さい。ちなみにプラグイン『Jetpack by WordPress.com』の時にもこの『WordPress.com』のアカウントは使用するのでメモしておくと新たに作りなおす必要がないので良いでしょう。

Akismetの導入方法と使い方の画像5

 

 

 

 

⑥ Basicの「GET STARTED」を選択します。バージョンによっては違う画面の場合もあります。その場合は「Personal」を選択しましょう(一応下の画面にも「Basic」の後に個人で使用することを表す「personal」という文字があります)。他のものを選択しても良いのですが、有料です。基本的に初心者の方は無料でも機能的にも全く問題ないので無料のものを使えば良いと思います。

Akismetの導入方法と使い方の画像6

 

 

 

 

⑦ 次にこういった画面が表示されるので、右側にある「$36.00yr」のメーターを$0まで下げましょう。無料に設定するわけです。

Akismetの導入方法と使い方の画像7

 

 

 

 

⑧ そうすると必要な入力が指名だけになるので、自分の指名を入力したら、「 CONTINUE 」を押して下さい。

Akismetの導入方法と使い方の画像8

 

 

 

 

 

⑨ すると画面にAPIキーコードが出現します。この画面が出ている方はここで、下の「AUTOMATICALLY SAVE・・・」をクリックすれば自動的に自分のサイトに連携されるようになっています。バージョンが違うとAPIキーコードが表示されるだけかもしれないので、APIキーコードをコピーしておきましょう。(ここでAPIキーをしっかりメモして管理しておけばAPIキーを忘れたと困ることもありません)

Akismetの導入方法と使い方の画像9

 

 

 

 

⑩ 自動的にこのような画面に移るはずですので、「変更を保存」を押して下さい。先程の上の画像が出てこなかった人はコピーしたAPIキーコードを③で説明した画像の画面の「手動でAPIキーを入力」に貼り付けて「このキーを使用」を押すことでこの画面に移動すると思います。これでプラグイン「Akismet」の設定は終了です。

Akismetの導入方法と使い方の画像10

 

 

 

 

⑪ 最後にスパムコメントの確認方法について。管理画面のダッシュボードを選ぶと下の画像の赤枠の部分にスパムコメントの数が表示されます。

Akismetの導入方法と使い方の画像11

 

以上でプラグイン「Akismet」の設定と使い方の説明は終了です。スパムコメンが○件と表示されて、溜まってきたらその上の赤枠をクリックすればスパムコメント一覧が表示されるので、「スパムをすべて削除」を押すだけで全て消すことができますよ!

 

 

AkismetのAPIキー忘れたら!複数サイトに使い回しができない!

 

上の説明で出てきたAkismetの『APIキー』なんですが、ホントはいけないのかもしれませんが、自分の所有している他の複数サイトにも使い回しをすることが可能です。

 

いわゆるAPIキーの使い回しについては、APIキーを忘れたことでできなくなってしまうので、新たに取得するのが面倒くさいと悩む人が多いです。

 

ホントは使いまわしせずにサイトごとにAPIキーを取得するべきですが、一応説明したいと思います。

 

WordPress初心者の人は最初色々設定することが多く、自分でどんな作業や設定をしたか忘れてしまっているため、次に新しいサイトをもう一個って思った時に「APIキーってなんだったっけ?」ッてなるんだと思います。

 

今回上の説明で初めて登録した人には説明するまでもありませんが、設定した『WordPress.com』のメールアドレスがあると思います。メールが削除されていなければそこにAPIキーは載っているはずです。仮にGmailやYahooメールを登録したのであれば、『akismet』で検索をかければでてくるはずです。

 

もしメール自体が削除してある場合は、複数サイトに使い回しはせずに新たにAPIキーを取得するのが良いと思います。

関連記事

Google Xml Sitemaps

Google Xml Sitemapsでウェブマスターツールにサイトマップを登録する!

前回の記事でWordPressのプラグイン「Google Xml Sitemaps」を使用して自分サ

記事を読む

My Category Order

My Category Orderの使い方!反映されない、カテゴリーが変わらない場合は?

WordPressでサイトを作る際に記事をカテゴリー別に分けると思いますが、デフォルトではカテゴリー

記事を読む

AllinOneSEOpack2

All In One SEO Packのインストールから効果的な設定方法まで!

今回はWordPressで作ったサイトやブログのSEO効果を高める重要なプラグイン「All In O

記事を読む

jetpack

Jetpack by WordPress.comの設定と使い方!エラー(アクセス制限)も解決!

  『Jetpack by WordPress.com』はWordPressのプラグ

記事を読む

TinyMCE Advanced

wordpressでフォントの大きさを変更するプラグイン【TinyMCE Advanced】

無料ブログを使ってたことのある人にとって、初めてWordpressで記事作成するときに感じること

記事を読む

WordPressPopularPosts

「WordPress Popular Posts」の設定方法と使い方!「WordPress Ping Optimizer」も!

今回は簡単なので2つまとめてプラグインの設定方法と使い方紹介します!   まず

記事を読む

48ec0f0319c1e167995b8da5542e1d1f_s

All in One SEOは「意味なし、いらない」の声も?

Wordpressの定番プラグイン「All in One SEO pack」ですが、使用者の中で、徐

記事を読む

plugin

プラグインのバージョンダウンの方法!不具合も解決する?

プラグインは基本的に最新のものを使うべきです。   しかし、新しいバージョンに

記事を読む

Contact Form 7の使い方!WordPressでお問い合わせ設置

  訪問者がサイト管理人に連絡を取る手段として「お問い合わせ」は必須です。 &

記事を読む

broken link checker

Broken Link Checkerの設定方法!リンクエラーやリダイレクトが一目瞭然

  今回紹介するプラグイン『Broken Link Checker』は他のサイトのU

記事を読む

no image
仮想通貨取引所、販売所のおすすめ

coincheck(コインチェック)   Z

48ec0f0319c1e167995b8da5542e1d1f_s
All in One SEOは「意味なし、いらない」の声も?

Wordpressの定番プラグイン「All in One SEO pa

TinyMCE Advanced
wordpressでフォントの大きさを変更するプラグイン【TinyMCE Advanced】

無料ブログを使ってたことのある人にとって、初めてWordpressで記

エックスサーバー
エックスサーバーでWordPressを簡単自動インストールする手順

さぁいよいよWordpress使用開始の準備も最後になりました、『Wo

2エックスサーバー
エックスサーバーで独自ドメイン取得【設定から料金支払いまで】

初心者がWordpressを始める上で必要な3つの手続きの内、1つ目を

→もっと見る

PAGE TOP ↑